種類が豊富にあるクラフトビール!その特徴や選び方などの基礎知識を解説します

このサイトは種類が豊富にあるクラフトビールの特徴や、選び方などの基礎知識を解説しています。
これから様々な醸造所の個性的なビールを飲んでみようと考えている場合におすすめです。
小規模醸造所のビールに影響を与えるホップとは一体何なのか、という基本的なことにも触れています。
それから小規模な醸造所だからこそ生み出せる、個性的なビールについての情報もご紹介しています。
奥深いビールの世界をより深く知る手がかりになるでしょう。

種類が豊富にあるクラフトビール!その特徴や選び方などの基礎知識を解説します

基礎知識を知って、様々な種類があるクラフトビールをより楽しみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
クラフトビールは小規模な醸造所で作られているビールです。
様々なタイプがあるので個性に注目をすることは、楽しみ方のポイントの1つです。
クラフトビールはそれぞれにより色や香りが異なる他、味わいにも違いがあります。
最も個性を活かせる温度やグラスにこだわり飲み比べるのも楽しいものでしょう。
また料理とのマリアージュを考え、ビールに合う食事と一緒に味わうのもおすすめです。

クラフトビールの他のビールと異なる特徴とは

一般的なビールとクラフトビールの大きな違いはあるのか疑問に思っている方も多いと思いますが、一番の違いは製造工程にそれぞれ特徴があることです。
クラフトビールの場合、醸造所がかなり小規模で大量生産できない製造方法を取り入れているので、販売本数もあまり多くなくて貴重な存在であるといった特徴があります。
反対に一般的な他のビールの場合だと、大量生産を目的としているので大きな醸造所を設けており、年中稼働しているなど忙しい現場であることがほとんどです。
また、クラフトビールだと現地を見学することができるので、味見をすることができたり製造過程を見たりすることもできます。
問い合わせて予約をしないと見学自体はできませんが、醸造所によっては見学してくれた方限定のサービスを行っていたりするので、詳しく知りたい方はサイトなどで調べてみると良いでしょう。
そして、味についてもかなりの違いがあり、比較的大多数に受けやすい他のビールとは違って、クラフトビールはちょっとした癖があるのも魅力です。

クラフトビールの奥深さが分かる選び方のポイント

クラフトビールは小さな醸造所で伝統的な製法を使って作られたビールのことをいいます。
テイストの違いはもちろん、酸味や甘味、苦味や香りなど様々なものがあるため選び方のポイントを知っておくと、自分好みのものを見つけやすくなります。
クラフトビールの選び方は、大きく分けるとラガーとエールに分けられます。
ラガーは日本で飲まれている一般的な種類ですっきりと飲みやすいのが特徴です。
エールはフルーティーで豊かな香りがあり、奥行きのある味わいなのが特徴となっています。
この2種類の中から選ぶ場合には、スタイルで選んでいくと良いとされています。
ラガーの一種で世界中で普及しているスタイルがピルスナーです。
透明感のある黄金色のビールですっきりとした喉越しや、軽やかな味わいのためどんな料理でも合います。
苦味とコクのバランスが良く、軽やかな喉越しのものを選びたいならペールエールが向いています。
ビールが苦手でも飲みやすいのがフルーツビールで、作る過程で果汁を混ぜることでビールとフルーツの香りを楽しめます。

クラフトビールを販売する店を選ぶ方法

美味しいクラフトビールを購入して自宅で味わいたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのようなときには、自分に合ったクラフトビールの販売店を見つけて利用するのがおすすめです。
様々なお店でクラフトビールは売られていますが、利用する店を選ぶ方法として品揃えに注目をすることをおすすめします。
大手メーカーのビールは身近なお店にも売られていますが、規模の小さな醸造所が造ったビールの場合には取り扱っていないことも少なくありません。
せっかくならば種類豊富に取り揃えているところを利用すると、今まで飲んだことのなかったビールとの出会いが見つかる可能性もあります。
また品質も販売店を選ぶときのポイントです。
クラフトビールは温度管理や鮮度が重要なので、適切に管理されている店を選ぶことをおすすめします。
どこの店が良いか分からないといった場合には、利用したことがある人の口コミや評判を参考にして選ぶと良いかも知れません。

上面発酵ならではのクラフトビールの特徴

日本で人気が高まっているクラフトビールですが、多くの人がクラフトビールの製造方法を詳しく知らないといわれています。
一般的に飲まれている生ビールは、色味も薄くスッキリとしたのど越しが特徴のラガータイプとされますが、クラフトビールであるエールタイプは色や味が濃いことが特徴でこれは上面発酵と呼ばれる製法が採用されているためです。
ビールが製造される過程で、ラガービールは10℃前後になると発酵中に麦汁に酵母が沈殿する下面発酵で造られ、エールビールは15~20℃の温度で発酵し麦汁に酵母が浮き上がる上面発酵という方法で造られます。
クラフトビールに採用されているこの方法は高温でも製造可能で、冷凍機が不要なため最も伝統的な製法とされています。
この方法を用いたエールビールは豊かなコクと芳醇な香りが楽しめるため、時間をかけてゆっくりビールを味わいたい時にぴったりです。
反対に爽快感を得たい時には、ラガービールを選ぶなどその日の気分に合わせて選べることも魅力です。

クラフトビールに関する情報サイト
クラフトビールの選び方

このサイトは種類が豊富にあるクラフトビールの特徴や、選び方などの基礎知識を解説しています。これから様々な醸造所の個性的なビールを飲んでみようと考えている場合におすすめです。小規模醸造所のビールに影響を与えるホップとは一体何なのか、という基本的なことにも触れています。それから小規模な醸造所だからこそ生み出せる、個性的なビールについての情報もご紹介しています。奥深いビールの世界をより深く知る手がかりになるでしょう。

Search